Reazon’s OFFICIAL OWNED MEDIA

CATEGORY

SPECIAL

TAG

ABOUT

2023.07.26
KNOWLEDGE

WebX 経済産業大臣 基調講演

Web3の現在を知り、未来を占うアジア最大級のWeb3カンファレンス「WebX」。2023年7月25日、26日の両日にわたり、有楽町の東京国際フォーラムで開かれている同イベント。ここでは26日に行われた西村康稔経済産業大臣の基調講演をお届けします。

日本経済の成長にWeb3の社会実装は不可欠

国内外約200名のスピーカーが一堂に会してWeb3について話しあう「WebX」。初日の岸田総理大臣につづく2日目の基調講演で登壇したのは西村経産大臣でした。

冒頭、「日本経済は30年ぶりの大きな潮目を迎えています」と語った西村大臣。その背景にあるのは企業の賃上げと、過去最大となる100兆円の設備投資です。いっぽうで国内の少子高齢化とそれにともなう労働人口の減少は、日本経済の成長を妨げる大きな要因となっています。
こうした課題を乗り越えるにあたって、西村大臣は「Web3などの最先端のイノベーションを社会に実装していくことが不可欠です」と主張しました。

なかでも大臣と経産省が着目しているのがWeb3の基盤のひとつであるブロックチェーンです。ブロックチェーンを活用したWeb3は、文化やゲームなど日本が得意とする分野での活用が期待されています。西村大臣は「日本でWeb3が発展することを世界が期待している」といいます。

Web3をリードする魅力的な日本に

海外を見ると、アメリカでは暗号資産や生成AIに対する規制の動きが強まっています。これに対し日本には暗号資産に関していちはやく法律を整備し、その普及を推進してきたという実績があります。

インターネットの普及以降、Web2への流れのなかでチャンスがありながらそれを逸してきた日本。しかし、西村大臣はWeb3においては日本は世界をリードする大きなポテンシャルを秘めていると訴えます。

「経産省としては、今後も技術革新、イノベーションこそが未来を切り開いていくと考え、Web3についても世界の起業家や技術者が日本に集まってくるような魅力的な政策を推進していきます。(今日ここに集まった)皆様方にはフロンティア精神でチャレンジを続けていってほしいと思います。新たなイノベーションが生まれることを期待しています」

登壇中、幾度も繰り返された「イノベーション」という言葉。西村大臣と経済産業省の意気込み、Web3に対する期待が伝わってくる講演でした。

この記事をシェアする

  • Copied!
EDITOR / HIROKI TAKAHASHI

1982年生まれ、金融経済新聞社にて編集記者として記事執筆やラジオNIKKEIでのマーケットアドバイザー業務などを経験。その後、コンサルティングファームにて経験を積んだのちに独立。2023年、レアゾンホールディングスにジョイン。

この人の記事を読む

1982年生まれ、金融経済新聞社にて編集記者として記事執筆やラジオNIKKEIでのマーケットアドバイザー業務などを経験。その後、コンサルティングファームにて経験を積んだのちに独立。2023年、レアゾンホールディングスにジョイン。

この人の記事を読む

REAZON OFFICIAL OWNED MEDIA
REAZON OFFICIAL OWNED MEDIA
REAZON OFFICIAL OWNED MEDIA
REAZON OFFICIAL OWNED MEDIA
REAZON OFFICIAL OWNED MEDIA